松山城南高等学校 普通・調理・商業・看護・福祉科

奨学金制度

平成30年3月に中学校卒業見込みの生徒で、学業または部活動で優秀な成果を収め、中学校長から奨学生として推薦された生徒が出願できる。

1.一般奨学生

〔一般奨学生S〕月額30,000円を3年間(看護科は5年間)給付します。

1.推薦条件
普通科・調理科・商業科・福祉科

次のすべての条件を満たす生徒

  • 本校を専願し、合格した生徒
  • 学業成績が優秀で、基本的生活習慣が身についており、学業に対して真剣に取り組める生徒
看護科

次のすべての条件を満たす者

  • 本校を専願し、合格した生徒
  • 学業成績が優秀で、基本的生活習慣が身についており、学業に対して真剣に取り組める生徒
  • 国語の評定が本校の設定した成績を上回る生徒
2.選考方法

調査書・推薦書及び入学試験の結果により総合的に選考する。

3.注意事項
  • 学校生活全般において奨学生としてふさわしくない行動があった場合は、奨学金の給付を停止または取り消すことがあります。
  • 給付された奨学金は返還の必要はありません。

〔一般奨学生A〕月額22,000円を3年間(看護科は5年間)給付します。

1.推薦条件
普通科

次のすべての条件を満たす生徒

  • 本校を専願し、合格した生徒
  • 学業成績が優秀で、基本的生活習慣が身についており、学業に対して真剣に取り組める生徒
  • 2年次より進学コース(B類型)を選択し大学進学を目指す強い意志をもつ生徒(進学コース(B類型)を選択しなかった場合は、その時点で奨学生の資格を失います。)
調理科

次のすべての条件を満たす生徒

  • 本校を専願し、合格した生徒
  • 学業成績が優秀で、基本的生活習慣が身についており、学業に対して真剣に取り組める生徒
  • 卒業後、調理専門の進路を目指す強い意志をもつ生徒
商業科

次のすべての条件を満たす生徒

  • 本校を専願し、合格した生徒
  • 学業成績が優秀で、基本的生活習慣が身についており、学業に対して真剣に取り組める生徒
  • 在学中、商業に関する資格の取得に努める強い意志をもつ生徒
看護科

次のすべての条件を満たす生徒

  • 本校を専願し、合格した生徒
  • 学業成績が優秀で、基本的生活習慣が身についており、学業に対して真剣に取り組める生徒
  • 卒業後、看護専門の進路を目指す強い意志をもつ生徒
福祉科

次のすべての条件を満たす生徒

  • 本校を専願し、合格した生徒
  • 学業成績が優秀で、基本的生活習慣が身についており、学業に対して真剣に取り組める生徒
  • 卒業後、福祉専門の進路を目指す強い意志をもつ生徒
2.選考方法

調査書・推薦書及び入学試験の結果により総合的に選考する。

3.注意事項
  • 学校生活全般において奨学生としてふさわしくない行動があった場合は、奨学金の給付を停止または取り消すことがあります。
  • 給付された奨学金は返還の必要はありません。

〔山路奨学生〕月額22,000円を3年間給付します。(若干名)

1.推薦条件
普通科・調理科・商業科・看護科・福祉科

次のすべての条件を満たす生徒

  • 本校を専願し、合格した生徒
  • 学業成績が優秀で、基本的生活習慣が身についており、学業に対して真剣に取り組める生徒
2.選考方法

調査書・推薦書及び入学試験の結果により総合的に選考する。

3.注意事項
  • 学校生活全般において奨学生としてふさわしくない行動があった場合は奨学金の給付を停止または取り消すことがあります。
  • 給付された奨学金は返還の必要はありません。

2.部活動奨学生(体育部・文化部)

〔部活動奨学生S〕入学金・施設充実費を全額免除し、さらに月額30,000円を3年間給付します。

1.推薦条件

次のすべての条件を満たす生徒

  • 本校を専願し、合格した生徒
  • 学業・人物が優秀で、部活動において特に優れた技能と実績があり、基本的生活習慣が身についている生徒
  • 3年間、本校の部活動を継続する強い意志をもつ生徒
2.選考方法

調査書・推薦書及び入学試験の結果により総合的に選考する。

3.注意事項
  • 入学後、当初の部活動を退部した場合は、その時点で奨学生の資格を失います。
  • 学校生活全般において奨学生としてふさわしくない行動があった場合は、奨学金の給付を停止または取り消すことがあります。
  • 給付された奨学金は返還の必要はありません。

〔部活動奨学生A〕入学金・施設充実費を全額免除し、さらに月額22,000円を3年間給付します。

1.推薦条件

次のすべての条件を満たす生徒

  • 本校を専願し、合格した生徒
  • 学業・人物が優秀で、部活動において優れた技能と実績があり、基本的生活習慣が身についている生徒
  • 3年間、本校の部活動を継続する強い意志をもつ生徒
2.選考方法

調査書・推薦書及び入学試験の結果により総合的に選考する。

3.注意事項
  • 入学後、当初の部活動を退部した場合は、その時点で奨学生の資格を失います。
  • 学校生活全般において奨学生としてふさわしくない行動があった場合は、奨学金の給付を停止または取り消すことがあります。
  • 給付された奨学金は返還の必要はありません。

〔部活動奨学生C〕月額11,000円を3年間給付します。

1.推薦条件

次のすべての条件を満たす生徒

  • 本校に合格した生徒
  • 学業・人物が優秀で、部活動において優れた技能と実績があり、基本的生活習慣が身についている生徒
  • 3年間、本校の部活動を継続する強い意志を持つ生徒
2.選考方法

調査書・推薦書及び入学試験の結果により総合的に選考する。

3.注意事項
  • 愛媛県内の国公立高校を受験しても資格を有します。
  • 入学後、退部した場合は、その時点で奨学生の資格を失います。
  • 学校生活全般において奨学生としてふさわしくない行動があった場合は、奨学金の給付を停止または取り消すことがあります。
  • 給付された奨学金は返還の必要はありません。

授業料助成制度・奨学金

1.授業料助成制度(国の高等学校等就学支援金制度)

保護者の所得に応じて、高等学校等就学支援金および愛媛県私立高校授業料減免事業により授業料が全額免除されたり、一部負担で済む場合があります。

2.その他の奨学生

保護者の所得に応じて、高等学校等就学支援金および愛媛県私立高校授業料減免事業により授業料が全額免除されたり、一部負担で済む場合があります。

①愛媛県奨学資金

愛媛県奨学資金貸与条例に基づき、優秀な学生または生徒であって、経済的理由により修学困難な者に対し、学資金を貸与して、有用な人材を育成することを目的とする奨学資金制度を実施しています。

②あしなが奨学金

高校、大学、専門学校などに進学を希望している、経済的に苦しい遺児に奨学金を貸し出して支援しています。

③交通遺児育英会奨学金

保護者等が道路における交通事故で死亡したり、後遺傷害のため働けなくなった家庭の高校生以上の生徒・学生に奨学金を貸与して進学援助を行い、 将来、社会有用な人材を育成することを目的とした事業を行っています。

PAGE TOP