松山城南高等学校 普通・調理・商業・看護・福祉科

大助校長の”Take it easy.”

2017年1月17日

「昔から、人と同じが・・・。」その⑧★校長ブログNo.27

「昔から、人と同じが・・・。」その⑧
「相性」

今日は、推薦入試です。

受験生の皆さんの健闘を祈っています。

私は高校時代ラグビー部でした。

花園(全国大会)にも出場しました。

ラグビーは本当に自分の性(しょう)に合っていたんだと思います。

地獄のような練習でしたが、辞めようと思ったことはありませんでした。

実は、中学の時に野球部に居た時期がありましたが、
野球部の理不尽さに嫌気がさして辞めました。

毎日の練習は外野で「よぉーおーおーい」と声を出すだけ
(未だにその掛け声の意味が分からん。教えて、N井教頭・K尾先生・S島先生)。

あまりの退屈さに、“Y田 譲二(じょうじ)”という部員が居たので、
「じょぉーおーじ」と言ってみたり。

上級生が試合に負けていたら、
「よーわいわーい」などと声を出して退屈さを紛らわしていました。

試合に負けたら「1年生の声出しがなっとらんからだ。」と、
自分達のヘボさを1年生に責任転嫁して、
ケツバット(お尻をバットで叩く)されたりする。

ラグビーは違った。

上級生は礼儀・挨拶と厳しかったけど、
練習の時その口うるさい先輩に憎しみを込めてぶつかって、
タックルで倒しても「ナイスタックル」と褒められるのですから。

ストレスが溜まらないのです。

ホント、先輩も潔かった。

ノーサイド精神は実に素晴らしい。

ぜひ城南高校ラグビー部に入部してください。

・・・続く

※昨年、ミスターラグビーと呼ばれた、「平尾誠二」氏が亡くなりました。
 テレビドラマ「スクールウォーズ」のモデルになった人物でした。
 残念です。   
 合掌

☆次回は、1月24日(火)配信予定です。

★過去記事はこちら

PAGE TOP