松山城南高等学校 普通・調理・商業・看護・福祉科

大助校長の”Take it easy.”

2019年5月14日

伝統あるゴルフ大会・続編★校長ブログNo.136

伝統あるゴルフ大会・続編

以前、伝統ある本校の
ゴルフ大会「城南コンペ」
の話題を紹介しました。

伝統ある大会① 校長ブログNo.123
伝統ある大会① 校長ブログNo.124
伝統ある大会① 校長ブログNo.125

I関先生が、
平成25年12月26日のコンペ(大会)で、
パー5(つまり5打でカップインさせる)の
第2打目をカップインさせて、
アルバトロス
という快挙を成し遂げました。

今もその11番ホールのティーグランドには、
その偉業を称えて植樹した“楓の木”
ひっそりと私達を見守ってくれています↓↓


写真①↑↑

最近、2度そのゴルフ場に
行く機会がありました。

その時のエピソードを紹介したいと思います。

連休中の5月4日、
私の同級生たちと行ったのですが、
キャディーという私達プレイヤーの
補佐をしてくれる人(たいがいは女性)
が付きます。

私達の組は、
女性のキャディーさんでしたが、
スタートする前に後ろの組から、
「城南高校の校長先生じゃないですか?」
と声をかけてきました。

振り返ってみると、
若い男性のキャディーさんでした。

「そうじゃけど。どこかで接点があったかいな。」

「僕、城南の卒業生です。今、21歳です。」

「すまんなぁ。それは失礼したのー。
クラス担任は誰先生やったんかな?」

M岡先生でした。」

・・・と学校について
いくつか話をしてのハイライト

「校長先生の話は、
いつも短くて良かったです。
○○先生の話は長かったけど・・・」

「ほーかね。
よく覚えてくれていてありがとう。
頑張れよ。
また時々来るけんな。」

“Take  it easy.”

私の短い式辞のポリシー等、
理解してくれていた卒業生がいて
嬉しくなりました。
校長ブログNO.129参照

お陰で、1打少なく入れるバーディー
を3つ取れました。

それと、そのキャディー君に、
「11番ホール、
I関先生のアルバトロス記念樹」

のことも教えておきました。

ブログの最初に、
2度ゴルフ場に行ったと書きましたが、
11番ホールの記念樹を見てください。

3月30日には葉っぱも出ていない
状態だったのに↓↓


写真②(3月30日)↑↑

約1ヶ月後の5月4日↓↓


写真③(5月4日)↑↑

I関先生、貴方の記念樹は元気でしたよ。

青々と葉っぱを茂らせて、
いつか主人が訪れてくれるのを
健気に待っているのではないでしょうか?

 

校長城ニャン

松山城南高校イメージキャラクター
城ニャンファミリー
はこちら→→→

過去記事はこちら

PAGE TOP