松山城南高等学校 普通・調理・商業・看護・福祉科

大助校長の”Take it easy.”

2019年10月21日

2019ラグビーワールドカップ★校長ブログNo.155

2019ラグビーワールドカップ
・・・日本よく頑張った! 

「水曜日 フリー素材」の画像検索結果

昨夜(10月20日)、
ラグビー日本代表
ワールドカップ初の準々決勝(ベスト8)
進出して、
南アフリカ代表(スプリングボクス)
対戦しました。

3-26で負けましたが、
本当によく頑張った

日本中に感動を与えました。

観戦した人も多かったでしょう。

テレビ視聴率41.6%今年度最高!

日本初のワールドカップ開催について、
当初は

「果たして成功するのか。

人は集まって大会が成り立つのか?」

など、心配する声が大半でした。

ところが、蓋を開けてみると
・・・日本代表の快進撃で大成功。

開幕戦ロシアに勝つと、
第2戦世界ランキング2位のアイルランド

この2年間で世界最強
ニュージーランド(オールブラックス)
2勝している強豪です。

特にラグビーに詳しい人ほど、
「どこまで善戦するか?」であって、
“勝つ”とは思ってなかった。

何しろ過去の対戦成績も、
7連敗と一度も勝っていませんしね。

ところが、終わってみると19-12
本当に勝った(視聴率22.5%)

この辺りから、ラグビー面白い!
という“にわかラグビーファン”
増加してきました。

3戦目対サモアに勝つと(視聴率32.8%)
ボルテージは増々上がってきて、
プール最終戦スコットランドでは、
テレビ視聴率39.6%ヒートアップ

スコットランド戦も皆さん勝てると
盛り上がっていましたが、そうはいかない。

過去の対戦成績も実質0勝10敗。

1度勝ったと日本は主張しているが、
その時スコットランドは実質2軍だった
(代表は海外遠征中)。

しかし、今回の日本代表は本物でした。

28-21で勝ちました。

4戦全勝で堂々たるAプール1位での
史上初のベスト8進出

そして昨夜の相手が、
前回大会で“スポーツ史上最大の番狂わせ!”
世界を驚愕させた南アフリカだった訳です。

 

“ラグビー校長の薀蓄(うんちく)”

世界最強のニュージーランド(NZ)
との各代表の対戦成績

対アイルランド  28勝2敗1分   

対スコットランド 29勝0敗2分

対南アフリカ   59勝36敗4分

NZが北半球のチームに負ける事って
ほとんどないのです。

そのNZに4割勝てるのは南アフリカだけ。

大相撲では、NZが東の横綱なら、
南アフリカは西の横綱

日本代表、三役“小結”辺り
昇格かな。

もう金星とは言われません。

決勝は、NZ対南アフリカの再戦になると予想します
(予選プールBで23-13 NZが勝った)。

校長城ニャン

松山城南高校イメージキャラクター
城ニャンファミリー
はこちら→→→

過去記事はこちら

PAGE TOP