松山城南高等学校 普通・調理・商業・看護・福祉科

大助校長の”Take it easy.”

2019年11月5日

結構真面目シリーズ②★校長ブログNo.157

結構真面目シリーズ

・・・衣替え

 

結構真面目シリーズ①★校長ブログNo.153

 

先週、10月31日をもって
“クールビズ”期間が終わりました。

11月1日(金曜日)からは、
私もビシッとスーツに
ネクタイを着用して
気合を入れました。

近年では気温が高くなり、
エアコン無しでは仕事や
勉強に支障が入ります。

そこで5月1日から10月31日まで、
ビジネスシーンでは、
クールビズ期間として
“ノーネクタイ”でやりましょう。

暑い6月下旬~9月中旬期間は、
半袖シャツでも構わないことに
しましょう。

その代わり、
エアコンの使用を控えて
節電・資源の節約をして、
仕事の効率が上がるなら
一石二鳥との理論のもと、
国が率先して
“クールビズ(半袖・ノーネクタイ)”
期間を設定したわけです。

それを受けて、
県・市も国に倣いクールビズを投入。

更に、一般社会もそれに合わせて、
日本全国“クールビズ”というわけです。

※注:国内だけの取り決めですから、
海外には通用しません。

外国の方と会う時とか
ビジネスに於いては、
どんなに暑くても
スーツにネクタイは
外せません。

以前は、日本全国6月1日から夏服、
10月1日からは冬服という
“衣替え”という伝統的決まりがあって
(別に法律ではない)、
学校現場でもそうしてきました。

但し、近年の暑さを
配慮して学校現場でも
“移行期間”を長く取ることによって、
柔軟な対応をしています。

 

“Take it easy.”・・・私の衣替え

クールビズ期間に入ったら、
私にも独自のルーティーン
があります。

まず、5月1日からは
スーツは着ていますが
ネクタイは外します。

5月も下旬になって、
スーツでは暑いと
感じだしたら、
半袖に衣替えをします
(ネクタイは絶対しない)。

ついでにこの時、
時計を変えます。

写真①

この日から10月31日までが、
写真①右端の黒い時計(夏用?)。

クールビズが終わった11月1日からが、
その隣のシルバーの時計
(長袖シャツの袖口を傷めない)。

次の緑の時計は、
勤続25年に学校から
頂いた時計なので、
年明けの創立記念日
1月14日には必ず着けます。

「創立記念日(時計)」
の話はこちら→→

全て自動巻きで、
使わなければ
止まってしまうので、
日替わりでの着用が
難しいのが難点です。

左端の赤いのは、
ゴルフ専用でクォーツ時計です。

今回は、
クールビズに合わせて、
時計もクールビズっている紹介でした。

写真②

最後に、写真②は、
入学式・看護科戴帽式・卒業式・
専攻科卒業式の年4回、
しかも式典の時間だけに着ける
“おめでたい”薄型時計です。

 

 

校長城ニャン

松山城南高校イメージキャラクター
城ニャンファミリー
はこちら→→→

過去記事はこちら

PAGE TOP