松山城南高等学校 普通・調理・商業・看護・福祉科

大助校長の”Take it easy.”

2019年11月12日

校長ブログについて★校長ブログNo.158

校長ブログ“Take it easy.”
についての一考察

縲檎↓譖懈律縲€繧、繝ゥ繧ケ繝医d縲阪・逕サ蜒乗、懃エ「邨先棡

 

現在、夏休みなどの
長期休業中を除き、
毎週火曜日にブログを
更新しています。

ブログ名は“Take it easy.”
気楽にやろうよ。

であって堅苦しい話題は
極力書かないことを
モットーにしています。

しかし、下らない内容だけでは
学校の品位に関わりますので、
結構な頻度で“真面目シリーズ”
も入れています。

結構真面目シリーズ★校長ブログNo.153

結構真面目シリーズ②★校長ブログNo.157

本校OBからも、

「校長ブログで
勉強になったことも多いので、
いろいろ教えて下さい。」

と激励され、
気合の入ったネタを
探すことが日課になってもいます。

正直、週1の更新はきついです。

内容をA4用紙1枚に
収めるようにしているのですが、
ネタによって長くなることもあり、
本当は入れたいのに
容量オーバーでカットする
部分もあるのです。

どうしてもカットできない場合は、
シリーズ①②③と続くこともあります。

近いところでは、
革靴シリーズがありましたね。

このネタは意外と反響があって、
「靴のTPOがよく分かった。」

との感想も頂きました。

ボタン外しましょや・・・
もよい反応でした。

近いうちに続編2019年度版を出します。

皇室を題材にしている
箇所があるので、
品格を落とさないよう、
失礼が無いように、
慎重に文章を練っているところです。

ご期待ください。

 

“Take it easy.”

ネタ作りの悩み

昭和32年生まれの
私と読者に大きな年齢差が
生じていて、内容を分かって
もらえないネタになっている
可能性が大ではないか?

例えば、
生徒は15歳から18歳
(専攻科を入れても20歳まで)。

生徒・学生の保護者だって、
まず私より年上は考えにくい。

40代から50代前半までだろう。

そう分析すると、
昭和生まれシリーズの
「時代劇」(NO.151)などは
理解してもらうのは難しいかも。

芸能界ネタ、キャンディーズや
御三家・新御三家(NO.142~144)
も昭和を感じてくれると有り難いが、
反面知らないということは
興味も持ちにくいかもしれません。

 

結論:所詮、年齢差やそれぞれの
趣味・興味は違う訳で、
万人に理解を得ることは
不可能だと思います。

毎回の違ったネタの中で、
共感できること、
共感できないことがあって
当たり前かと思います。

私は自分の思いを、
“Take it easy.”で・・・。

ではまた来週をお楽しみに。

 

校長城ニャン

松山城南高校イメージキャラクター
城ニャンファミリー
はこちら→→→

過去記事はこちら

PAGE TOP