松山城南高等学校 普通・調理・商業・看護・福祉科

大助校長の”Take it easy.”

2019年12月17日

昭和生まれ・・・シリーズ⑥あるアイドルの死★校長ブログNo.163

昭和生まれ・・・シリーズ⑥
あるアイドルの死

「昭和生まれシリーズ」
昭和生まれシリーズ①
昭和生まれシリーズ②
昭和生まれシリーズ③
昭和生まれシリーズ④
昭和生まれシリーズ⑤

一昨日12月15日、
「宇高連絡船109年の歴史に幕」

最後の船が出港し、
多くの人が思い出を
語っていました。

大正に始まり→昭和→
平成を経て→令和で
幕を下ろす。

ひとつの歴史が終わりました。

 

先日ネットの
芸能ニュースを見ていたら、
“松本ちえこ(60歳)さん死去”と
報道されていて、
大変驚きました。

まだ60歳で、
私より年下だったのか。

この出来事は、
最近の私の悩みでもある
「昭和シリーズの内容は、
古過ぎて現在の
ブログ愛読者の年齢に
マッチしないのでは?」に、
正に該当する項目
だと思いますが、
あえて題材に
させてもらいます。

読者はもちろん
知らないと思いますが、
“松本ちえこ”さんは、
私が大学生だった
昭和50年頃の
アイドルでした。

一躍有名になったのは、
資生堂バスボン石鹸のCM。

硬派だった私も?
このCMの歌を
今でも覚えていて、
実際歌えます。

まん丸顔の女の子は、
いい妻になれるって、
私ってなれそう?
ねっバスボン

太い脚の女の子は、
強い母になれるって、
私ってなれそう?
ねっバスボン

泡だらけのお風呂(バスタブ)に
入りながら、
彼女がこのフレーズを
口ずさむCMだったと
記憶しています。

当時、石鹸のメーカーといったら、
“牛乳石鹸”・“シャボン玉石鹸”が
よく知られており、
資生堂の石鹸は
このCMで売り込みを
懸けたのだと思います。

効果は抜群。

硬派の私が即、
バスボンを買いに
走りました

大学生当時は、
銭湯に通っていましたが、
まだボディソープは
無かったので、
石鹸箱に石鹸を
入れて行くのです。

そういえば、
バスボンシャンプーも
あったような・・・。

ひょっとしたら、
シャンプーまで買ったかも?

・・・こりゃ、軟派ですな。

 

それともうひとつ、
彼女(松本さん)との
思い出があるのですよ。

東京山手線の
“恵比寿”駅ホームで
電車を待っていた時、
私の隣に立っている
可愛い女性が・・・
どこかで見た顔やなぁ?
と暫し考えて・・・
バスボンの“松本ちえこ”じゃ!
と確信。

勇気を出して、
松本ちえこさん
じゃないですか?」と
声をかけました。

「はい。」と
答えてくれました。

サインでもして
もらおうかと
思ったけれど、
なぜか私から
逃げるように
離れて行くでは
ありませんか。

“わたしゃ怪しい者では
ありませんがね。

ファンですがな。”・・・

ちょっとショックでしたが、
いきなり声をかけられたら
普通の反応かも。

先週に引き続き、
当時はこんな感じ。

にやけてますな。

 

レイバンのサングラス
よく掛けていた。

やっぱ、怪しいかな?松ちゃん。

謹んで、ご冥福をお祈りいたします。

 

校長城ニャン

松山城南高校イメージキャラクター
城ニャンファミリー
はこちら→→→

過去記事はこちら

PAGE TOP