松山城南高等学校 普通・調理・商業・看護・福祉科

大助校長の”Take it easy.”

2020年9月1日

昭和生まれ・・・シリーズ⑩★校長ブログNo.195

昭和生まれ・・・シリーズ⑩
年代の差は許されよ・・・

「昭和生まれシリーズ」
昭和生まれシリーズ①
昭和生まれシリーズ②
昭和生まれシリーズ③
昭和生まれシリーズ④
昭和生まれシリーズ⑤
昭和生まれシリーズ⑥
昭和生まれシリーズ⑦
昭和生まれシリーズ⑧
和生まれシリーズ⑨

 

新型コロナウイルス感染症対策で、
未だマスクを外せません。

今日は9月1日ですが、
例年なら2学期の始業式の日です。

残暑も厳しく、生徒も先生も
暑い中の授業で大変だろうけど、
もうしばらく頑張りましょう。

何となくですが、朝夕少しは
暑さが和らいだようにも
感じていますから。

 

“Take it easy.”

「新型コロナウイルスに、俳優の○○が、
何とかいう音楽バンドの○○が感染しました。」
というような報道がされますが、
正直最近の人についてはほとんど知りません。

知らない程度もいろいろあるでしょうが、
全く知らん。見たこともない。
というのが私の現在のレベルなのですよ。

チンプンカンプン?

今どきの若い人は皆知っている?
から話題にもなるのでしょうが、
若い人の集まりである
高等学校の校長としては、
「多少は知っておいたほうが良いのかな?」
とは一瞬は思いますが、
興味がないのだから覚えようもないですね。

要は、私はあくまで“昭和生まれ”ですから、
私より歳上か同年代の俳優・歌手に
影響を受けていた訳です。

ですから、若い世代は知らなくても、
昭和の世代は知っとるのです。

最近残念に思うのは、
昭和のスターが亡くなっている
話題が多いということ。

私も63歳を超えているのですから、
私が10代~20歳代に憧れた方々は、
今は70~80歳代ですから、
当たり前とも言えます。

一番近いところでは、渡哲也さんかなぁ。

石原裕次郎との「大都会」、「西部警察」などの
刑事アクションドラマは迫力がありました。

大学生の頃サウナで一緒になったことがあり、
風呂上がりの鏡の前で、
右左と顔写りを入念にチェックしていました。

確かに“かっこよかった。

”映画スターは違うなと思いました。

そういえば、歌手で俳優の加山雄三さんが
緊急搬送されたとの報道もありましたね。

“永遠の若大将”と呼ばれて人気がありました。

日本テレビの24時間テレビの
テーマ曲の作者ですから、
若い人も知っているかも。

結論:高校HPのブログにしては、
古い話が多くて申し訳ないけど、
“昭和の話を知る”ということで、
お付き合いください。

今週の田んぼ13週間後・・・8月31日撮影 

「実るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな。」

 

ブログを上げた後、校長室に居たら、
プップップップッと
トラックなどが
バックする時に
鳴らす音が聞こえてきました。

何時間も続くので、外に出てみると・・・


9月1日 稲刈りでした。

6月1日の田植えから3ケ月  13週後、
92日目の刈入れです。

毎週、「今週の田んぼ」を
載せてきましたが、本日で終わり。

振り返ると、月日の流れは早いものですね。

美味しい新米を頂ける季節ということで
・・・めでたしめでたし!

校長城ニャン

松山城南高校イメージキャラクター
城ニャンファミリー
はこちら→→→

過去記事はこちら

PAGE TOP