松山城南高等学校 普通・調理・商業・看護・福祉科

大助校長の”Take it easy.”

2020年9月15日

“うちの子”よく頑張ったシリーズ2020年度版★校長ブログNo.197

体育大会が終わって・・・

 

先週木曜日、10日に
令和2年度第69回体育大会を
挙行することが出来ました。

今年は、新型コロナウイルス
感染予防の一環として、
保護者の観戦も3年生に限定して、
3密対策の人数制限を
させて頂きました。

1、2年生保護者には
大変申し訳なく思っていますが、
愛媛県では、8月22日以来
感染者無しが続いているものの、
万一があるとまだまだ
大変な状況ですので、
ご理解のほど宜しくお願い致します。

更に、全ての演技を
午前中で終わらせるように、
プログラムを短縮したり、
熱中症対策の為に、
3度のウォーターブレイク&休憩
を入れて進行しました。

先週も書いたように、
コロナも怖いけど
熱中症で亡くなる人のほうが
多い現状では、
賢明な判断だったと思います。

さて、体育大会の総括ですが、
“うちの子”今年のテーマの
believe”に相応しく、
よく走り、よく踊りで、
見ていて非常にきびきびしていて、
仲間を信じての纏まりと一体感
が気持ちよく、
素晴らしい頑張りでした。

特に、応援のダンスパフォーマンスは、
どのブロックも出来が素晴らしく、
甲乙つけがたい内容で、
「いつの間に練習したんだろうか?」
と感心しました。

皆、やるときはやるんだなぁ。

今年は、8部門制覇の
白虎の圧勝でしたが、
どのブロックも僅差でしたよ。

最後の体育大会に懸ける、
3年生の熱い意気込みが
伝わってきて気持ちがよかった。

 

 

 

“Take it easy.”
・・・告白

昨年に引き続き、
ダンス及びパネルの採点は、
私・教頭・PTA会長が、
それぞれ100点満点で
採点をするようになっていました。

ちなみに私は、今年も
全ブロックほぼ100点をつけました。

どのブロックも“うちの子”だけに、
私にはどれも上手に見えて
差が付けられないのですよ。

これでは採点の意味がないですね。

ということで、
私の採点では各ブロックの差は
出なかったと思います。

となると、差をつけたのは、
私以外の2人の採点でしょう。

※このような行動を、責任転嫁といいます。

 

結論:今年も、“うちの子”本当によく頑張った!

校長城ニャン

松山城南高校イメージキャラクター
城ニャンファミリー
はこちら→→→

過去記事はこちら

PAGE TOP