松山城南高等学校 普通・調理・商業・看護・福祉科

大助校長の”Take it easy.”

2020年10月13日

“うちの子”よく頑張ったシリーズ2020年度版★校長ブログNo.201

野球に思う・・・③

野球に思う・・・
野球に思う・・・②

 

野球部が、秋季四国地区高校野球愛媛県大会において、
学校創立以来初の決勝に進出し、
初の四国大会出場を決めてくれました。

残念ながら、決勝では聖カタリナ学園に負けて、
愛媛県2位代表として四国大会に臨むことになりました。

うちは若いチームだけに“伸びしろ”があります。

今回の反省をして、これまで以上に練習すれば、
差はどんどん詰まって来るだろうから、
そう遠くない時期に追いつくと信じています。

10月24日からの四国大会の健闘を期待します。

“Take it easy.”

告白:四国大会出場がかかった
10月3日の対丹原高校戦、実は私、
野球部の勝利を願ってあることをしていました。

古い話ですが、私のブログ2018年2月6日NO.78
“勝負”という記事を載せています。

簡単に言うと、11年半以上も前に、
私は心筋梗塞の発作を起こし、
県病院で緊急手術を受けて一命を取り止めました。

その時に穿いていたパンツ、
当時購入後多分5年は使っていたお気に入りの
(名誉の為に言うが毎日穿いていた訳ではないよ)
2枚980円くらいのトランクスでした。

命が助かった時のトランクスでしたから、
私にはラッキーパンツです。

ということから、学校の大事な式典である
入学式・卒業式・戴帽式の時にだけ
穿くようにしていたのです。

最近は、使ってなかったのですが、
丹原高校戦に穿いて行ったのです。

久しぶりに穿いてみたら、
なんと布の劣化で穴が開いている。

「万一私が、球場で倒れて
救急車で運ばれるような事態が起こったら・・・
城南の校長が穴の開いたパンツを穿いていた。」
そうなったら恥ずかしいなと思いましたが、
野球部の勝利を優先して、結局穿いて行きました。

結果は・・・延長12回裏ラッキーな勝ち
を拾ったではないですか。

“穴あきラッキー勝負パンツ”のご利益ですよ。

穿いて行って良かった。

家に帰って脱いだら、長年の私への貢献で、
精も根も尽きたのか、びりびりに破れていました。

涙が出そうでした。

「長い間ありがとう!」
神棚に上げてお礼を言ってから、
丁重にゴミ箱に・・・

翌日の決勝、当然ですが別のトランクス。

結果は・・・アンラッキーな部分があったな。

これからは、実力で勝ってください。

校長城ニャン

松山城南高校イメージキャラクター
城ニャンファミリー
はこちら→→→

過去記事はこちら

PAGE TOP